技能五輪国際大会が実に22年ぶりに日本で開催されました、広告美術では
地元沼津の岡田ともこさんが出場いたしました、近くでもあり応援に出かけました。

大会主旨
世界各国・地域の予選会を勝ち抜いた22才以下の青年技能者が一堂に会し、国際大会の場で技能を競います。また大会を通じて参加国の職業訓練の振興及び技能水準の向上を図るとともに、国際交流と親善を目的としています。

概要
2年に1度、世界各地で開催されています。大会期間中には競技のほかに、職業訓練・技能開発に関するフォーラム、セミナーや視察観光小旅行(エクスカーション)が行われます。選手・大会役員等を含めると約2,800人が参加する大きな大会です。

歴史
1950年(昭和25年)にスペインの職業青年団が提唱して、隣国ポルトガルとの間で技能の競技会を開催し、これが第1回目のスペイン・マドリード大会になりました。1966年には、参加国の代表により国際職業訓練機構(IVTO-International Vocational Training Organization)が組織され、この組織委員会の定めた規約に基づき、大会が運営されています。国際職業訓練機構(IVTO)は、2000年6月総会において、大会開催50周年を記念し競技大会用の組織名として「WS-WorldSkills」を新たなブランド名として使用することとしました。
日本でも過去に、1970年第19回東京(千葉)大会、1985年第28回大阪大会の2回が開催されています。

競技は実に40種目ありますが、とても回りきれません、興味のあるところだけ数点写真載せま

石工

パン製造

貴金属装身具